西松屋のベビーフェンス口コミ情報!2種類買った筆者が比較してみた

目安時間8分

<西松屋の商品を通販サイトで買うなら>

 

Wowma!西松屋公式オンラインストア
 

西松屋チェーン楽天市場店
 

 

 

赤ちゃんがハイハイするようになると目が離せなくなります。

そして入ってほしくないところへと移動していく…(涙)

 

 

赤ちゃんに入って欲しくないところ、ナンバーワンはキッチンではないでしょうか。

 

 

今回は赤ちゃんの侵入を防ぐために使用するベビーフェンスについて紹介していきます。

購入を検討している方はチェックして下さい。

 

スポンサーリンク

ベビーフェンスの必要性について

 

ベビーフェンスはベビーゲートと呼ばれることもありますが、使用目的は同じです。

 

赤ちゃんがねんねのうちは気が付かないのですが、ハイハイするようになると家の中には危険が潜んでいるということが分かるようになります。

 

 

まずはキッチンでしょう。

キッチンには割れたら危ない食器、包丁、ガスなどがあります。

 

 

いくら赤ちゃんの手の届かないところに直していたとしても、キッチンに赤ちゃんが出入りするのは避けたいところ。

 

 

お風呂も危険です。

 

お風呂に水をためている場合、赤ちゃんが溺れてしまう可能性があるのでやめた方がいいですが、今は災害対策として貯めている人も多いですよね。

 

 

階段があるお家では階段も危険です。

赤ちゃんがうっかり落ちてしまえば大けがしてしまいます。

 

 

このように家の中には危険が潜んでいるのです。

その危険な場所に赤ちゃんがいかないようにするための道具がベビーフェンスです。

 

 

筆者はベビーフェンスを購入したのですが、とても役に立ちました!

 

 

しかしこのベビーフェンス、家の間取りによっては使用できなかったりもするので、購入の際には家の間取りを確認してから購入することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

西松屋のベビーフェンス、値段をチェック

 

現在(2018年)西松屋で販売されているベビーフェンスをみていきましょう。

 

 

まずご紹介するベビーフェンスは、

メッシュになっており子供を優しくガードしてくれます。

 

お値段を見て行きましょう。

価格はいずれも消費税込みです。

 

 

・【SmartAngel】 シンプルフェンス Sサイズ グレー 1,979円

 

リンク:西松屋チェーン楽天市場店

 

 

 

・【SmartAngel】 シンプルフェンス Mサイズ グレー 3,479円

 

リンク:西松屋チェーン楽天市場店

 

 

・【SmartAngel】 シンプルフェンス Lサイズ グレー 4,979円

 

リンク:西松屋チェーン楽天市場店

 

 

ここからは扉開閉タイプのものです。

代表的な7ものを見て行きましょう。

 

 

 

・クルーミー ママトールゲート 3,979円

 

リンク:西松屋チェーン楽天市場店

 

 

・クルーミー ママトールワイドゲート 4,979円

 

リンク:西松屋チェーン楽天市場店

 

 

・MCベビーゲート 4,979円

 

リンク:西松屋チェーン楽天市場店

 

 

・ハピネスゲート№1 ベージュ 6,479円

 

リンク:西松屋チェーン楽天市場店

 

・スムースマルチゲイト ホワイティ階段上使用可 8,478円

 

リンク:西松屋チェーン楽天市場店

 

 

こちらのベビーフェンスは扉のように開け閉めができるタイプとなっています。

 

 

 

スポンサーリンク

筆者が購入したベビーフェンスを紹介!使った感想も

 

ベビーフェンスには、ネットになっているものと扉で開け閉めできるものとがあります。

 

筆者は実は両方のタイプを購入し使用していました。

どちらのベビーフェンスも使用したうえで感じたことを紹介、比較していきます。

 

 

筆者が最初に買ったのは、

  • 【SmartAngel】 シンプルフェンス Sサイズ

こちらのタイプです。

 

こちらを購入した理由はずばり安かったから(笑)

 

 

筆者はキッチンに入る入口にこのベビーフェンスを付けて使用していました。

 

子供がキッチンに入ることができなかったという点ではよかったのですが、

毎回ベビーフェンスを乗り越えて行き来するのが面倒で。

 

取り外してまた付けるのも面倒なんですよね…。

そのため1ヵ月もせずにベビーフェンスを外してしまったんです。

 

 

そこで次に購入したのが、クルーミー ママトールゲート。

こちらのタイプのベビーフェンスでした。

 

 

こちらのベビーフェンスは片手で簡単に開け閉めすることができたので、毎回乗り越える必要がありませんでした。

 

またネット式よりも丈夫に固定することが出来ていたので、こちらのタイプのベビーフェンスは長く愛用していました。

 

 

両方のタイプのベビーフェンスを使ってみて、筆者は扉で開け閉めできるタイプの方が使いやすかったなと思いました。

 

個人的な感想ですが参考にしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • ベビーフェンスは赤ちゃんの危険を回避するために重要なアイテム
  • 家の間取りによっては使用できない場合もある
  • 西松屋では高くても6,000円代で購入するっことができる
  • ネット、扉と両方使った筆者は扉で開け閉めできるタイプがおすすめ

 

 

いかがでしたか?

ベビーフェンスを使えるような間取りであるならぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ちょっと目を離した隙に赤ちゃんが危険な目にあっていたりすることがないよう、先を見て危険を回避してあげましょう。

 

 

西松屋公式オンラインストアはこちら

最後までごらんいただき、ありがとうございました。 

<西松屋の商品を通販サイトで買うなら>

 

Wowma!西松屋公式オンラインストア
 

西松屋チェーン楽天市場店
 

<楽天市場でお買い物をするなら>

「楽天カード」がお得!

 

お買い物をすればするほど「楽天スーパーポイント」がたまる!
楽天カードのお申込みはこちらから

↓↓↓↓
 

<スポンサーリンク>
 




   体験談   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
スポンサーリンク




 

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント
お問合せ
スポンサーリンク




ページの先頭へ